Asian Meeting Festival 2016 (Feb), Japan

Asian Meeting Festival 2016 leaflet

photo by dj sniff from twitter

http://asianmusic-network.com/amf/

アジアン・ミーティング・フェスティバル 2016

Thanks for the invitation by taku , otomo san~
Asian Meeting Festival 2016 in Feb Japan.(Tokyo, Kyoto, Kobe)

Schedule

1st Day in Tokyo

日程 2月5日(金) 19:30開場 20:00開演
会場 SuperDeluxe
東京都港区西麻布3-1-25 B1F
料金 前売り 3,000円 当日3,500円 (+1ドリンク)
出演 クリスナ・ウィディアタマ(ジョグジャカルタ) / 大友良英(東京) / ソンX(ハノイ) /スキップ・スキップ・バンバン(台北) / ナタリー・アレクサンドラ・ツェー(シンガポール) / dj sniff(香港) / ユエン・チーワイ(シンガポール) / ヨン・ヤンセン(クアラルンプール) / ピートTR(バンコク) / フィオナ・リー(香港)
ゲスト出演 川口貴大
チケット http://amf2016day1.peatix.com

2nd Day in Tokyo

日程 2月6日(土)
会場 Red Bull Studios Tokyo Hall
東京都渋谷区渋谷1-3-3
料金 to be announced
出演 クリスナ・ウィディアタマ(ジョグジャカルタ) / 大友良英(東京) / ソンX(ハノイ) /スキップ・スキップ・バンバン(台北) / ナタリー・アレクサンドラ・ツェー(シンガポール) / dj sniff(香港) / ユエン・チーワイ(シンガポール) / ヨン・ヤンセン(クアラルンプール) / ピートTR(バンコク) / フィオナ・リー(香港)
チケット to be announced
会場協力 Red Bull Studios Tokyo

3rd Day in Tokyo

日程 2月7日(日) 17:00開場 18:00開演
会場 Spiral
東京都港区南青山5-6-23
料金 前売り3,000円 当日3,500円
出演 クリスナ・ウィディアタマ(ジョグジャカルタ) / 大友良英(東京) / ソンX(ハノイ) /スキップ・スキップ・バンバン(台北) / ナタリー・アレクサンドラ・ツェー(シンガポール) / dj sniff(香港) / ユエン・チーワイ(シンガポール) / ヨン・ヤンセン(クアラルンプール) / ピートTR(バンコク) / オッキョン・リー(ニューヨーク) / フィオナ・リー(香港)
ゲスト出演 石原雄治 / 大城真 / 七尾旅人
チケット http://amf2016day3.peatix.com
会場協力 (株)ワコールアートセンター

4th Day in Kobe

日程 2月8日(月) 18:00開場 18:30開演
会場 Art village center
神戸市兵庫区新開地5丁目3番14号
料金 前売り3,000円 当日3,500円
出演 クリスナ・ウィディアタマ(ジョグジャカルタ) / 大友良英(東京) / ソンX(ハノイ) /スキップ・スキップ・バンバン(台北) / ナタリー・アレクサンドラ・ツェー(シンガポール) / dj sniff(香港) / ユエン・チーワイ(シンガポール) / ヨン・ヤンセン(クアラルンプール) / ピートTR(バンコク) / オッキョン・リー(ニューヨーク) / フィオナ・リー(香港)
ゲスト出演 DODDODO / Haco / 枡本航太 / 森本アリ
チケット http://amf2016day4.peatix.com
提携 神戸アートビレッジセンター(指定管理者:大阪ガスビジネスクリエイト株式会社)

5th Day in Kyoto

日程 2月11日(木) 16:00開場 17:00開演
会場 元・立誠小学校
京都市中京区備前島町310-2(木屋町蛸薬師下ル)
料金 料金:前売り3,000円 当日3,500円
出演 クリスナ・ウィディアタマ(ジョグジャカルタ) / 大友良英(東京) / ソンX(ハノイ) /スキップ・スキップ・バンバン(台北) / ナタリー・アレクサンドラ・ツェー(シンガポール) / dj sniff(香港) / ユエン・チーワイ(シンガポール) / ヨン・ヤンセン(クアラルンプール) / ピートTR(バンコク) / オッキョン・リー(ニューヨーク) / フィオナ・リー(香港)
ゲスト出演 梅田哲也 / カジワラトシオ / 東野祥子 / 水内義人 / 村里杏
チケット http://amf2016day5.peatix.com

6th Day in Kyoto

日程 2月12日(金) 19:00開場 19:30開演
会場 METRO
京都市左京区川端丸太町下ル下堤町82 恵美須ビルBF
料金 前売り3,000円 当日3,500円 (+1ドリンク)
出演 クリスナ・ウィディアタマ(ジョグジャカルタ) / 大友良英(東京) / ソンX(ハノイ) /スキップ・スキップ・バンバン(台北) / ナタリー・アレクサンドラ・ツェー(シンガポール) / dj sniff(香港) / ユエン・チーワイ(シンガポール) / ヨン・ヤンセン(クアラルンプール) / ピートTR(バンコク) / オッキョン・リー(ニューヨーク) / フィオナ・リー(香港)
ゲスト出演 村里杏 / 毛利桂 / 吉田ヤスシ / 和田晋侍
チケット http://amf2016day6.peatix.com

Screening「Y/OUR MUSIC」

2014/タイ/82分/監督:ワラーラック・ヒランセータワット・エブリー、ディビッドリーブ/日本語・英語字幕付き

Y/OUR MUSIC『Y/OUR MUSIC』はタイの様々な地域や世代をつなぐ伝統音楽や労働歌、モーラムやインディーミュージックに耳を傾ける。9人のミュージシャンが自分たちの音楽を静かに語り、カメラはそのルーツとなる原風景を探る。それは赤い塵雲の中で奏でられる伝統楽器、収穫を待つ間に口ずさまれる労働歌、DJがかけるイサーン音楽の7インチレコード、楽器を弾けないバンドによるアンダーグラウンドミュージック、全てが都市の騒音や農村の風の音と共に調和を持って響く。ミュージシャンたちはメインストリームになることがなくとも自分たちの音楽を頑なに信じ、試行錯誤を繰り返し、そして次の世代を教育する。全く別々の音楽の世界に住んでいる彼/彼女らを繋ぐのはまさにその絶え間ない情熱。
予告編映像

Kyoto

日程 2月6日(土) – 12(金)17:40 start(2月10日上映後イベントあり)
会場 立誠シネマ
京都市中京区備前島町310-2(木屋町蛸薬師下ル)
トーク出演(10日) ワラーラック・ヒランセータワット・エブリー監督、大友良英、ピート TR、dj sniff、ユエン・チーワイ
パフォーマンス(10日) ピート TR
料金 当日1,500円 / 学生・シニア 1,300円 / 立誠シネマ会員 1,000円

Tokyo

日程 2月7日(日)13:00 open/ 13:30 start(上映後イベントあり)
会場 cay
東京都港区南青山5-6-23
トーク出演 ワラーラック・ヒランセータワット・エブリー監督、大友良英、ピート TR、dj sniff、ユエン・チーワイ
パフォーマンス ピート TR
料金 前売り2,000円 /当日2,500円(1drink付き)
チケット http://amf2016movie.peatix.com
会場協力 (株)ワコールアートセンター

Asian Meeting Festival Talk Sessions

Talk session #1 “東南アジアの実験的音楽とその交流の可能性”

日程 2月4日(日) 19:30 start
会場 国際交流基金JFICホール「さくら」
東京都新宿区四谷4-4-1
報告と鼎談 dj sniff、ユエン・チーワイ、大友良英
料金 無料(予約優先)
予約フォーム http://amf2016talk.peatix.com

Talk session #2 “新しいアジア圏音楽のネットワークをイメージする”

日程 2月14日(日) 18:30 start
会場 UPLINK FACTORY
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1階
トーク出演 dj sniff、ユエン・チーワイ、大友良英+大石始(ライター・編集者・DJ)、磯部涼(音楽評論家)、Asian Meeting Festival 2016出演者も参加予定
ライブ dj sniff、ユエン・チーワイ、大友良英
料金 1,000円(1drink付き)

[11.14 & 15] JOLT Touring Festival 2015 – Hong Kong

jolt_tour_2015 flyer 700dpi v2
[11.14 & 15] JOLT Touring Festival 2015 – Hong Kong

Nov-14 & 15, 2015
Time: 20:00
Venue:
Multi-Media Theatre
HKICC, Lee Shau Kee School of Creativity

Ticket:

Advance
2 Days Pass: HK$200
Single Day Pass: HK$130

At Door
2 Days Pass: HK$240
Single Day Pass: HK$150

** Special Student Discount: 50% off

Ticketing outlet:

Ticketflap (http://www.ticketflap.com/zh/jolt2015hk)

Day 1: Nov-14 (Sat)
Amplified Elephants (AU)
Philip Brophy (AU)
e:ch (MO) + HakGwai (HK)
The Language Lab (HK)
Fiona Lee (HK)

Day 2: Nov-15 (Sun)
)-(u||!c|< (AU)
Cal Lyall + Sin:Ned (JP/HK)
dj sniff + Chin King + Vv (JP/HK)
Cao Shuying + KWC + Bjorn Ho (HK)
Wilmer Chan + Eric Wong (HK)

Presented by JOLT, Re-Records, Twenty Alpha and The Click Clack Project

This project has been assisted by the Australian Government through the Australia Council, its arts funding and advisory body

The Click Clack Project and The Amplified Elephants tour is supported by the Victorian Government through Creative Victoria

Program & Ticketing enquiries: rerecordshk@gmail.com
Press Inquiries: +852 2139 5230 / info@twentyalpha.org

Web site: http://joltarts.org/

JOLT Touring Festival Tokyo: https://www.facebook.com/events/518222951678882/

JOLT Touring Festival Macau: https://www.facebook.com/events/521969454637011/

s o l o @ 談風:vs:再說

All attentions will fall on the sole performer on stage.

Under such scrutiny they each have to be creative as to how they engage their instruments with limited physical and mental capacities. In order to strive for an engaging listening experience for the audience, they will exert immense focus and energy to reach inwards creating their own spontaneous sound world, through which the audience are invited to immerse in….

performances by:
dj sniff (Turntables, Electronics)
Fiona Lee (Electronics)
Naturalismo (Guitar)
Wilmer Chan (Contrabass)

tfvsjs.syut will host an afternoon of solo improvised music featuring 4 performers from different musical/artistic backgrounds as one component event for 秋季牛遊 (Ngau Tau Kok open studios).

****************
Doors:
3pm, October 25th Sunday

Venue:
談風:vs:再說 SYUT
Shop B, 10/F, Gee Luen Factory Building, 316-318 Kwun Tong Road, Ngau Tau Kok

Admission:
By Donation (recommended donation $100)

****************
Biographies:
dj sniff is a musician, curator and producer in the field of experimental electronic arts and improvised music. His musical work builds upon a distinct practice that combines DJing, instrument design and free improvisation. Between 2007-2012, he was Artistic Director of STEIM, Studio of Electro-Instrumental Music Amsterdam. Currently, he is Co-Director of Ensembles Asia / Asian Music Network, and is also Visiting Assistant Professor at City University of Hong Kong School of Creative Media.

Fiona Lee was born in Hong Kong. She obtained her Bachelor of Arts, major in Critical Intermedia Laboratory in School of Creative Media, City University of Hong Kong in 2011. Her artworks were based on installation and performance.
Fiona’s recent art practices and inspirations come from her feelings of daily routine by exploring a place or community with the adventure attitude. Listening, as an important connection between the world and herself in order to feel the movement of every single moment . She loves to listen the sound from the nature , and yet, she addicted into the noise in the city in certain way. Therefore, she would like to expose her thought on the relationship between different dimensions of sound and herself in her artworks. The sound performance “delight” & “Listen to my Journey in Taiwan” seems to be an extreme of the texture of sound, but she rather concerns on the power of sound in the performance. She believes creations of art world be the progress of exploring and accepting different kinds of possibilities of herself, also the relationship between herself and others, in order to share the multiplicity of life to the public.

李穎姍生於香港。畢業於香港城市大學創意媒體學院,主修批判性跨媒體實驗室。 過去的作品以裝置和表演為主。現階段她的作品多依循當下對生活的感受為主, 在日常生活中以一個獵奇的方式探索一個地方的可愛之處 ,以聆聽作為跟世界與自身連結的一個重要渠道,感受每一刻的流動。喜愛聽大自然的聲音如蟬聲、雀鳥的聲音,也愛聽城市裡的噪音,所以作品多以探索不同聲音的面向與自身的關係。其中兩件聲音表演作品“delight”和“聽。台灣的微風”,正正像是兩個聲境上的極端,卻對她來說是同樣細膩地感受聲音的力量。她希望她的作品類型不會只局限於一個創作媒介上,並認為創作對自身來說是發掘和接受自己更多的可能性。

Naturalismo
A microcassette recorder wandering in subway tunnels, live cut-up bursts of saturated city life, harsh noise that struggles to keep a buried layer of melody, short video studies on lenses and lightning, silent sounds, the breath of small things, the daily tinkling of lived houses, minimalism with irony, loyal to cheapness and imperfection, sonatas for acoustic guitar and screwdrivers. Improvisation against freedom & experimental authoritarianism.

Wilmer Chan
With a double bass that is known to produce sonorous deep tones, Wilmer focuses instead on the brittle, peculiar timbre from his instrument that often requires physical tension to produce. He transforms the functional bass of the rhythm section into a supporter of textures, timbres – producing sounds that blends into the atmosphere. With reference to a wide array of extended techniques, he investigates the gradual transformation between different timbres and sounds through repetitions and variations of gestures. His performance is structured by playing movements that reacts with the materiality of the instrument. The double bass develops into a living machine, an organic apparatus.

Lacking Sound Festival 69 失聲祭 . 啦啦啦~

Artsits in Lsf 69

Artsits in Lsf 69

————————————————————————————————————–

今次跟diode 一起到台北的失聲祭表演。
是的,是有點興奮,像小學生去旅行的感覺。
我們這班香港人的國語真的爛到嚇死人了!哈哈哈!

看過diode他們幾次的表演,今次是最enjoyable 的!

這是我在失聲祭的setup, 今次減少到只有三個螢光燈泡。
而我今次能找到不同螢光燈泡所發出不同的frequency.
加上用了pick up coil 的microphone , 把螢光燈泡、電腦、dimmer、wacom 畫板的electromagnetic field 的聲音放大,再而compose 成sound performance.
今次是 delight 第五次表演,是變化最大的一次,而自己也是暫時最喜歡這個version.好像是找對了感覺把燈泡的聲音融合在表演所用的器材中。
同時,也感覺到,這作品成長了,更願意即興與環境jam jam.
對喇!post 這張相的原因是感恩在Digital Art center 附近的公園遇上樹的折枝。真的很美!
把在地的東西融入在作品中,不論是聲音、視覺上,很即時性的!

taishi_lsf

另一個表演者 神谷泰史 (JP),他的聲音表演真的很柔和、溫婉的~很舒服!

2013 失聲祭 Lacking Sound Festival (Taiwan)

Lacking Sound Festival Listen 69
2013, March, 16 (Sat) @noiseKitchen
Entrance Time︱18:30 Starts Punctually At 19:00
Entrance Fee︱NT$.150(with drink)

Opening Artist︱diode (HK)
Artist︱Fiona LEE (HK)
Artist︱Taishi Kamiya (JP)


失聲祭 Listen69
2013, March, 26 (Sat) @噪咖
入場時間︱18:30入場 19:00準時開始
入場費︱NT$.150 (含飲料)

暖場藝術家︱diode (HK)
演出者︱李穎姍 (HK)
演出者︱神谷泰史 (JP)


Curator︱YAO, Chung-Han
Graphic Design︱Nat NIU
Project Manager︱FENG, Hsin

指導單位︱臺北市政府文化局
主辦單位︱失聲祭團隊  http://lsf-taiwan.blogspot.com/
協辦單位︱台北數位藝術中心 ─噪咖  http://noisekitchen.tw
Supervised by︱Department of Cultural Affairs Taipei City Government
Organized by︱Lacking Sound Festival Team
In Cooperation with︱Digital Art Center, Taipei ─noiseKitchen