14 recurrences by Namiji

http://namijinamiji.wordpress.com

tide.hong kong: in transit

tide.hong kong : in transit is based on sensations of the sights and soundscapes of Victoria Harbour. The seashore platform in Whampoa is punctuated by holes which produce harmonic tones that shift with the tides. Lee’s works of art are derived from the intersection between installation and performance, and draw on a practice of listening to the world. In this site-and-time specific performance, the composite of the sound-making objects and human voices narrates subtle changes in environment .

This performance will be followed by “The Metamorphosis of Hung Hom,” a tour led by Walk In Hong Kong 活現香港. Once a centre of heavy industry, the neighbourhood has in recent years transformed into a mixed residential and commercial area. This tour will survey the old streets and stories of Hung Hom. The walking route will include cinemas, temples, factories and piers that form part of the history of Hong Kong.

Born in Hong Kong, Fiona Lee obtained her Bachelor of Arts majoring in Critical Intermedia Laboratory from the School of Creative Media at City University of Hong Kong. Her works of art are derived from the intersection between installation and performance. Her recent art practices and inspirations have come from the feeling of particular moments in her daily routine, which she explores as if it were a world of adventure. Her recent work focuses on the relationship between sound frequencies and electromagnetic fields.

Please rsvp to info@para-site.art for exact location.

《潮.香港: 過渡》源自維多利亞港的視覺景觀及聲境帶來的感官 刺激。於黄埔海岸邊的堤道上注滿小孔,在潮汐漲退間產生各種和諧 的音調。藝術家的作品介於裝置與 行為表演之間,並從其聆聽世界的實踐中獲取靈感。本件作品將在特定的場域及時間內舉行。作品由物件發出的聲響以及人聲根據環境中細微的變化.

表演之後,由Walk In Hong Kong 活現香港組織的【紅磡蛻變之旅】將帶領參加者走入舊時紅磡 。紅磡歷盡不同年代的變遷,由昔日作為重工業中心,電廠、船塢及工廠林立,蛻變成今天的住宅及商業區。 導賞路線將經過紅磡的廟宇、電影院、工廠、以及船塢,沿途想像及尋回香港的歷史足跡。

李穎姍生於香港,畢業於香港城市大學創意媒體學院,主修批判性跨媒體實驗室。 過去的作品以裝置和表演為主。現階段她的作品多依循當下對生活的感受為主,在日常生活中以一個獵奇的方式探索一個地方的可愛之處,以聆聽作為跟世界與自身連結的一個重要渠道,感受每一刻的流動。近期作品主要有關聲音頻率與電磁場的關係。

歡迎報名參加,為獲得具體表演地址請來信預: info@para-site.art


This event is presented as a public programme of In Search of Miss Ruthless, an exhibition that was chosen from an international pool through Para Site’s Emerging Curators program, now in its third year. For more info about the exhibition: http://para-site.art/en/exhibitions/in-search-of-miss-ruthless

這次活動是《尋求無情小姐》的公共項目。展覽詳細信息請見 http://www.para-site.org.hk/en/exhibitions/in-search-of-miss-ruthless

ART CAMP TANGO 2016 Performance

14 recurrence [The debut performance of the sound-playing trio ] @ Art Culture Outreach (ACO) [Sound on Site]

艺鵠場域定聲14迴》

三人玩聲組合「波寺」首度演出
電光火石之間,物件緩緩地上升、急速的下墜、回彈的漣漪以及他者的介入,三人玩聲組合「波寺」利用這些元素來回地製造有偏差的期望。一起搬弄著裡面的空氣和聲音,使14層中的一切都循環著,就像蠕動著的一條垂直的隧道,再而從橫向旋轉與垂直升降之間找到連結。三人於刻意安排與即興之間遊走,以人與物件之間的互動產生不同程度的迴響,這迴響看似推動著某種純粹的狀態。

波寺成員:
張才生、李穎姍及黃福權

關於波寺:
波寺的概念來自張才生、李穎姍及黃福權,它的基調源自於三人共同擁有對空間觸覺的本能。他們都會在這裡和那裡之間,以某一種距離,某一種速度,尋找和發現看似不存在又没有形狀的美學概念。波寺是一個把這些抽象概念實踐出來的地方,建構於表演、裝置、田野錄音、或只是記錄日常生活中對空間的感受,這都是圍繞著那個基調而作出種種嘗試。波寺可以看成是一個共同修行的地方,而且是圓的。

入場費 Admission: $50

ACO Sound on Site: 14 recurrence
The debut performance of the sound-playing trio Namiji

In the same fleeting moment with the engaging participants, the objects are gradually rising and being dropped rapidly in order to create the bouncing ripples. Namiji makes use of those movements to create the distance among expectations, as a result to enhance the vertical circulations within the stair by manipulating the sound and the air. The stair looks like a wiggling vertical tunnel, so as to find the connections between vertical movements and horizontal rotations. The trio performs between well-planned arrangement and improvisation, in which they are looking for the echoes assembled by the interactions between people & objects. Those echoes developed as if they are driving a certain kind of state of purity.

Namiji Members:
Samson Cheung, Fiona Lee & Wong Fuk Kuen

About Namiji:

Namiji is formed by Samson Cheung, Fiona Lee and Wong Fuk Kuen. The fundamental initiation of forming the group is inspired by the trio’s common ground in their spatial sensibility. They search and discover the intangible and seemingly non-existenting aesthetics with certain distance and speed, in between here and there. Namiji is where those abstract concepts being practised and executed in form of performance, installation, field recording and journal about their senses towards different spaces, based on their fundamental initiation. Namiji could be a hub for practising, in round shape.

關於《艺鵠場域定聲》

《場域定聲》是一個由艺鵠主辦,以聲音為焦點的場域特定藝術計劃。藝術家及觀眾,會透過不同的特定場域,及富啟發性及趣味性的藝術體驗,進行親密而意味深長的對話。

*座位有限, 入場請早

About ACO Sound-on-Site

Sound-On-Site is a site specific program presented by ACO (Art & Culture Outreach), we aim to develop an intimate and meaningful dialogue between the specific space, the artists and the audiences, and at the same time, create an inspiring art enjoyment experience for the audiences.

*Limited seats, first-come-first-served

主辦 Organized by: Art and Culture Outreach|艺鵠

查詢 Inquiry: 28934808/ hello@aco.hk

Re-Records & JOLT Presents The Book of Daughters

Re-Records & JOLT Presents The Book of Daughters

April-22, 2017
Time: 20:00
Venue: Focal Fair
Address: 28/F, Park Avenue Tower, 5 Moreton Terrace, Causeway Bay, Hong Kong

Ticket: HK$130 (at door only)

Featuring:
CHEUK WING NAM (HK)
THE AMPLIFIED ELEPHANTS + NAT GRANT (AU)
VANISSA LAW (HK)
ARKAJOLIE (HK) + HULLICK (AU)
FIONA LEE + DENNIS WONG (HK)
LISA MACKINNEY (AU)

Presented by JOLT & Re-Records

Co-organized by SECOND

THE BOOK OF DAUGHTERS is supported by the Victorian Government through Creative Victoria.

THE BOOK OF DAUGHTERS is supported by the City of Melbourne Arts Grants Program.

THE BOOK OF DAUGHTERS has been assisted by the Australian government through the Department of Communication and the Arts’ Catalyst —Australian Arts and Culture Fund.

Program & Ticketing enquiries: rerecordshk@gmail.com

Web site: http://joltarts.org/

川のほとりで @ 両国門天ホール

川のほとりで

第1回両国シネマ天丼 <シネ天>

【パフォーマンス】★本公演は公開撮影を行います
「川のほとりで」

出演
鈴木昭男・・・・・サウンド
フィオナ・リー・・サウンド
宮北裕美・・・・・ダンス

「川の字で寝る」とか「3本川」というように
川からはなんとなく3をイメージします。
サウンド・アートの先駆的存在として知られる
鈴木昭男、ダンス・音・美術など表現の間で
創作を行う宮北裕美、香港出身で気鋭の若手
サウンド・アーティスト、フィオナ・リーの3名による
パフォーマンスは、隅田川の春の風を感じる頃、
どんな景色を見せ・聴かせてくれるのか。

**出演者プロフィール**
鈴木 昭男 Akio Suzuki | サウンド・アーティスト
1963 年、名古屋駅中央線ホームの階段で行われた「階段に物を投げる」のパフォーマンスで音の世界に目覚め、 1970 年にエコー音器「ANALAPOS」を創作。1978 年、パリのフェスティヴァル・ドートンヌにて 海外で初めてのパフォーマンスを行う。1988 年、子午線上の京都府網野町で「日向ぼっこの空間」 を発表し一日自然の音に耳を澄ます。1996 年に開始した街のエコ-ポイントを探る「点音(おとだ て)」プロジェクトを世界 30 都市以上で開催。ドクメンタ8(1987, ドイツ)、ドナウエッシンゲン 現代音楽祭(1998, ドイツ)、大英博物館(2002, イギリス)、ザツキン美術館(2004, フランス)、 AV・フェスティバル(2014, イギリス)、など、世界各地の美術展や音楽祭に招待されている。http://www.akiosuzuki.com/

フィオナ・リー Fiona Lee | サウンド・アーティスト
香港出身。日々の生活の特定の瞬間に生じる感覚から得たインスピレーションによって作品を創作し、インスタレーションとパフォーマンスを用いた表現を行う。「聴くこと」によって、自身と世界をつなぐ関連が創られる と考えている。近年は、音の周波数と電磁場の関係に焦点を当てた創作を行う。音と光によるパフォーマンス「delight」は台湾、韓国、マカオ、香港で上演された。2016 年アジアミーティングフェスティバル(東京)に音 楽家として招聘。インスタレーション作品とパフォーマンスは、日本、マニラ、ソウルなどの国際フェステバル に多数招待されている。http://fionaobscura.com/wordpress/

宮北 裕美 Hiromi Miyakita | ダンサー・アーティスト
兵庫県伊丹市出身 京丹後市網野町在住。イリノイ大学芸術学部ダンス科卒業。「動かないダンス」と「モノそのものの動き」を追い続けてゆくうちに、即興パフォーマンスや視覚芸術の可能性を探り始める。2011年より鈴木昭男と共にサイトスペシフィック・パフォーマンスを続け、愛知県芸術劇場(2014)、ImagoDeiフェスティバル(オーストリア、2014)、岡山県立美術館(2015)などで上演している。近年、ダンサーとして活動してきた固有の時間感覚や空間感覚を美術表現へと持ち込み《Permanent Red》(2015、MediaShop、京都)《point A ⇄ point B》(2016、ozasahayashi_project、京都)などのインスタレーションを発表。Art Camp Amino2014/ ART CAMP TANGO 2016にアーティスト・キュレータとして参加。http://miyakitahiromi.com/

〈シネ天〉プログラム・ディレクター:宮岡秀行
主催:一般社団法人もんてん(両国門天ホール)
予約・お問い合わせ:両国門天ホール
電話/FAX: 03-6666-9491(電話は平日の13:00〜17:00)
メール:ticket@monten.jp(@は半角に直してください)

料金 前売3000円 当日3500円 門天会員1割引
予約問合せ ticket@monten.jp

 

“sound art” according to artists working with sound in Hong Kong 香港本地從事聲音創作的藝術家看「聲音藝術」

soundpocket_myinterview

research interviews (2016 – ) | soundpocket

Million thanks to my beloved soundpocket ! Here is a deep conversation about my views of my art practise .

read interview excerpts (English) >>>
閱讀訪談節錄 (中文) >>>

read interview transcript (Chinese) 閱讀完整訪談 (中文) >>>

Munich Biennial – International Biennial Platform Hong Kong (Part 1)

Munich Biennial- International Biennial Platform
Workshop 20 – 25 October 2016 @ Connecting Space

The interview by 山本佳奈子 from offshore

香港には多くの芸術系学校があり、たくさんの若い作家志望者がいる。ただ、彼らが展示やイベントの形態で表現をしようと思ったときにいくつか障壁があるように思える。例えば、べらぼうに高い家賃。潤沢な資金がなければ、ギャラリーやスペースはなかなか続かない。街の移り変わりは激しい。ちなみに2014年の頃、油麻地の裏通りにあるとある友人のお店が、たった20平米ほどなのに家賃が20万円程度と聞いて驚愕したことがある。また、アジアのハブ拠点香港には、海外から多くのトップアーティストがひっきりなしにやってくる。ローカルを支える芸術愛好家は少なく、オルタナティブな若手芸術家の表現をする場があったとしても、集客に苦労するようだ。
2011年、最初に香港を訪れてから、いろいろなミュージシャン、アーティスト、クリエイターと会ってきたが、香港で何かを続けることは、作品を産み出すことと同じぐらい難しそうだ。2011年当時、作家やミュージシャンであった人の一部は、音楽や芸術の現場をすでに離れている。
今回インタビューをとったFiona Leeは、私が2011年、最初に香港に訪れた時に作品を観たアーティストだ。当時、ifvaというインディペンデント・フィルム・フェスティバルのメディアアート部門で展示していたFiona Leeの作品が何か気になり、彼女の名前をメモに留めていた。あれから5年、彼女は地道に活動を続けている。香港では、芸術大学で働きながら小さな現場での演奏活動やインスタレーションも行なっている。
香港のバンドtfvsjsが運営するレストラン『談風:vs:再說』で彼女と待ち合わせて、彼女の表現や今の考えについて聞いてみた。感じている事をストレートに、迷いのない様子で話してくれるFiona。インタビュー後にいただいた彼女の新作音源『walking in a daze』は、とても気持ちのよい柔らかいノイズ音が重なっていて、愛聴盤となっている。

Read more at

http://www.offshore-mcc.net/2016/08/fionalee.html

〈ART CAMP TANGO 2016 リサーチ・レジデンス報告会〉 「音をめぐる場と表現 – around sound and site-specific」

13731858_1034571903264132_8521565002748374705_o13735823_1034571943264128_8727530397316049798_o13767235_1034571969930792_5540616747028793922_o

|日 時|
2016年8月28日(日)14:00-17:00
14:00-15:30 / アーティスト・パフォーマンス
15:45-17:00 / ディレクターズ・トーク
「音のある芸術祭(仮称)-ART CAMP TANGO2017」へ向けて

17:00- 交流会(会費制・要申込)

|会 場|
京都芸術センター(京都市中京区山伏山町 546-2)

|入場料|
1,000円

|申 込|
WEB 申込みフォームから(要事前申込)

|主催・問合せ|
アートキャンプ丹後事務局
[E-mail]info@artcamptango.jp
[WEB]http://www.artcamptango.jp/

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
〈出演アーティスト〉

-丹後・日本
鈴木 昭男 Akio Suzuki(映像出演のみ)
宮北 裕美 Hiromi Miyakita
山崎 昭典 Akinori Yamasaki

大城 真  Makoto Oshiro
木村 玲奈 Reina Kimura
畔柳 暁史 Takashi Kuroyanagi

-香港(soundpocket)
サムソン・チェン Samson Cheung
フィオナ・リー  Fiona Lee
フランク・タン  Frank Tang
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
〈ディレククターズ・トーク〉

アリス・ウォン Alice Wong (soundpocket)
青嶋 絢    Aya Aoshima (ART CAMP TANGO)
勝冶 真美   Mami Katsuya(京都芸術センター)
川渕 一清   Kazukiyo Kawabuchi (ART CAMP TANGO)
吉田 雄一郎  Yuichiro Yoshida(城崎国際アートセンター)
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
〈開催クレジット〉

主催|ART CAMP TANGO 実行委員会
共催|NPO soundpocket
京都芸術センター(リサーチレジデンス報告会)
助成|公益財団法人福武財団
京都府文化力チャレンジ事業
協力|ALL Tango
城崎国際アートセンター(豊岡市)
ふるさと未来ステーション 月庭
後援|京丹後市、京丹後市教育委員会

Page 1 of 212